はじめに

102soさんにご快諾いただき、旧町名をさがす会金沢支部の会員として、
行政上は失われてしまった北陸・金沢の旧町名を見つけて紹介していきます。

ご本家、東京のさがす会よりネタ切れは確実に早いと思われます…
あくまでも番外編として、短い間(?)ですが、お楽しみいただければと思います。
ちなみにこのサイトはリンクフリーですよ。

102soさんによるご本家のさがす会はこちら。
旧町名をさがす会

出羽町五番丁

f:id:cho0808:20210210212927j:plain:w300 
【消滅した年】昭和39年(1964年)
【現在の町名】石引四丁目
【感想・雑記】みなさま、お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません。ひさびさの金沢編、今回は読者のなかに一定数のコアなファンがいると信じてやまない電柱番号札マニアのための旧町名のご紹介です。決してそれしか見つからなかったことを誤魔化すわけではないはずのところと聞き及んでおります。電柱番号札マニアのみなさまに「ナイスですね!」といってもらえるようにガンバリマス。

さて、今回ご紹介の「出羽町五」の番号札、これまでのモノと少しちがうことにお気づきでしょうか?ヒント。旧町名の書いてない、数字だけの番号札のほうが分かりやすいかと思います。
チチチチチ、時間切れー。答え合わせ。「デンリョク番号札なのに文字の色が緑色!」というのが答えです。「出羽町五」もだいぶ色落ちして黒っぽくみえますが、よーくみると深い緑に着色されているようにみえます。一方、デンデン系の番号札はこれまでご紹介したものも緑文字のものが大半でした(たとえばこちら)。これはどういうことでしょうか?
このへんの説明が石川県内の電気工事屋さんのブログにありました。出典を知りたい方はGoogle先生に「電柱番号札 緑」ときいてみてください。
こちらのブログによれば、文字色は電柱の所有者を表すのだそうです。「黒文字電柱札が付いている電柱の所有者は北陸電力」で「緑文字電柱札が付いている電柱の所有者はNTT」とあります・・・が、正確には、「デンリョク系電柱番号札」の文字の色、というのが正しいと思われます。なぜって、黒文字のデンリョク番号札と緑文字のデンデン番号札が同じ電柱に共存してる場合がありますから(たとえばこちら)。
デンデン系が基本的に緑文字なので、そちらに敬意を表して、NTT所有の電柱はデンリョク番号札も、文字色を緑色にしているということなのでしょうか。北陸電力管内のみなさんも家のまわりの電柱番号札をみてみてください。デンリョク緑(NTT所有の共用柱)はけっこうレアだと思いますよ。

はてさて、電柱の話が長くなりすぎて、うっかり町の紹介を忘れるとこでした。「出羽町」自体は今も現役ですので、イマイチ有難みの少ない旧町名かもしれませんが、「出羽町五番丁」は昭和39年に消滅しており、れっきとした旧町名です。場所は石引大通りの松原病院さん側の裏路地あたりです。なお、現在の出羽町は、かつて大半が下本多町と出羽町一番丁だった場所なので、旧出羽町とは町域が異なっています。
旧出羽町は一番丁から五番丁までありましたが、明治19年(1886年)に一番丁から三番丁とその周辺の町の、あわせて5万坪余を軍に召し上げられ、出羽町練兵場となり、軍の施設が置かれていました。明治時代以降、人が住んでいたのは四番丁と五番丁だけです。

出羽町の町名は、かつての出羽町一番丁(NTTの出羽町ビル付近)に、篠原出羽守一孝のお屋敷があったことに由来します。篠原一孝は、若い頃より前田利家公に仕えた武将で、口の堅い律儀者と評された人物です。また、城普請、特に石垣普請の名人との評価も高い武将でした。そういえば、福岡城石垣は土日だけの公開ですが、金沢城の石垣は毎日見学できます。金沢城公園は「石垣の博物館」とよばれて石垣めぐりのコースもありますが、こちらは金沢の街に篠原出羽守が残してくれた大切な宝物なのではないでしょうか。

最後に、現在の出羽町のお話しです。現在の出羽町には民家ゼロです。企業や公共施設だけからなる町なので、出羽町に住んでる人はいません。町にあるのは、先述のNTTビルのほか、旧陸軍の兵器庫を利用した赤レンガの建物ステキな石川県立歴史博物館や石川県立美術館ですが、新たに昨秋、東京国立近代美術館工芸館(国立工芸館)が出羽町に移転されてきました!本当は開館に合わせてこの日記を書くつもりだったのに、気づけば年をまたいではや2月。。。
ということで次回も引き続き、篠原出羽守一孝のお話しの予定です。ではでは。

f:id:cho0808:20210210213130j:plain:w210 
f:id:cho0808:20210210213014j:plain:w210 
f:id:cho0808:20210210213055j:plain:w210 
電柱がNTT所有の出羽町にあるビル(篠原出羽守一孝屋敷跡)(上) 
「石垣の博物館」粗加工石積み(中)
石川県立歴史博物館(左)と国立工芸館(右)の建つ現在の出羽町(下)
[参考文献:安井電気工事ブログ(2006年4月6日)、市民が見つける金沢再発見ホームページ]
[発見日:平成25年11月23日]

【福岡市】山荘通三丁目

f:id:cho0808:20210208211842j:plain:w300 
【わりと消滅した年】昭和47年(1972年)
【現在の町名】山荘通三丁目、平尾四丁目、平尾五丁目
【感想・雑記】年またぎの福岡シリーズも今回が最終回です。大河ドラマも年またぎを経て、昨日ようやく最終回を迎えました。いやーおもしろかった。次週より大河ドラマは戦国から幕末へ、ということで、福岡出張シリーズおまけの最終回も便乗して戦国から幕末に舞台をうつしたいと思う所存でございます。

今回ご紹介するのは、前回と同じく福岡市中央区の住居表示未実施の3町のひとつ、「山荘通三丁目」です。つまり現役町名で正確には旧町名ではありません。読み方はそのまま「さんそうどおり」です。場所は、中央区平尾の閑静な住宅街にわずかに残った町域です。町の近くには、かつて中洲にあった玉屋百貨店の創業者、田中丸善八さんの邸宅跡(松風園として公開されています)などもある高級住宅街で、全く山の中の雰囲気はありません。なのに「山荘」ってどういうわけなんでしょ?まあこちらの説明はのちほど。

とにかくもまあ、山荘通三丁目ですよ。一丁目と二丁目は昭和47年に消滅したにもかかわらず、三丁目だけが一部残ってるんですよ!そう!金沢と同じなんです!すでにご紹介済みの新竪町三丁目観音町三丁目などの仲間が、遠く福岡の地で見つかりました!
山荘通三丁目が残った理由には、おそらく山荘通りの町の名に愛着のある地元のみなさまの声があったのでしょう。その地元の方に愛される山荘通りとは一体なんでしょうか?中央区の閑静な住宅街にある町なのに、なぜ「山荘」なのか?

ということで、ようやく山荘通(り)の町名の由来ですが、かつての町内で、現在は平尾五丁目にある「平尾山荘」という史跡に由来します。観光客でも訪れる人はあまり多くないのではないかと思われる、知る人ぞ知る歴史スポットなのです。住宅街のなかに突如として現れるひなびた草庵風の史跡が平尾山荘なのです。
この山荘は、野村望東尼(ぼうとうに、またはもとに)という幕末の女流歌人が暮らした住居跡なのです。
この野村望東尼さん、ただの歌人ではなく、勤王家、つまり尊王攘夷思想を持った女性で、この平尾山荘で何人もの勤皇の志士をかくまったり、密会の場所を提供したりしたのだそうです。その志士のなかでも特に有名なのが高杉晋作で、のちに望東尼が姫島へ流刑になったときに脱出の手引きをしたのも晋作なのだそうです。
病に倒れた晋作の死の床で、かの有名な辞世の句に下の句を付けたのが野村望東尼といわれています。(辞世の句というのには諸説あり)
コロナ禍の自粛生活で、何かと心晴れないご時世ではありますが、そんな2021年の最初の日記にふさわしい句だと思いますので、高杉晋作辞世の句とともに福岡出張シリーズ、おまけの最終回をしめたいとおもいます。句の意味がわからない人は調べてね。

おもしろき 事もなき世に おもしろく
すみなすものは心なりけり

f:id:cho0808:20210208212510j:plain:w210 
f:id:cho0808:20210208212500j:plain:w210 
f:id:cho0808:20210208212452j:plain:w210 
松風園(田中丸善八邸)(上)
平尾山荘(中)
野村望東尼像(下)
[参考文献:松風園でもらったパンフレット、Wikipedia(野村望東尼)]
[発見日:令和2年9月20日

【福岡市】古小烏町

f:id:cho0808:20201126000238j:plain:w300 
【わりと消滅した年】昭和42年(1967年)
【現在の町名】古小烏町、警固一丁目、警固二丁目、警固三丁目、桜坂一丁目、桜坂二丁目、薬院一丁目、薬院二丁目
【感想・雑記】この日記をご覧のみなさま。すでに2月に突入していますが、今年もよろしくおねがいいたします。昨年、福岡出張シリーズ3部作として終わらせるつもりでしたが、本業多忙につき更新が滞ってしまい、3作目がついに年をまたいでしまいました。
ということで、ゆっくりしている暇はありません。さっそくのご紹介です。まずは写真をご覧ください。福岡市中央区といえば福岡市の中央部です。博多区が「博多部」の区域だとすれば中央区は「福岡部」の区域です。つまり、商人の町「博多」に対する武士の町「福岡」の旧市街地の中心でもあります。そんな中央区は、住居表示施行時のモデル都市「福岡」だけあって、区内のほとんどの町が住居表示実施されてしまっています。そのようななかにあって、わずか3町だけ住居表示未実施の町が残っているのです。今回はその一つの「古小烏町」をご紹介したいと思います。ということで、つまり今回は、旧町名ではなく現役の町名ってことですよ。ずるいやつです。すみません。。。
f:id:cho0808:20200920124354j:plain:w210 
古小烏町にあったパン屋さん(現在は移転)

さきほど中央区は、武士の町「福岡」の旧市街地であるとお伝えしましたが、実は一部、郡部からの編入地域も含んでいます。中央区の住居表示未実施の3町は、まさにかつて郡であった町に残存しています。場所は西鉄薬院駅から西鉄平尾駅周辺で、かつての筑紫郡警固村大字薬院(江戸時代は薬院村)、筑紫郡八幡村大字平尾(江戸時代は平尾村)にあたります。古小烏町はかつての薬院村にあった町です。ちなみに残りの2町、薬院伊福町は薬院、山荘通三丁目は平尾に残っています。なお、このあたりにあった平尾浄水町、平丘町、浄水通、御所ヶ谷の4町も長らく住居表示未実施でしたが、2008年に住居表示されました。ただし町は消滅せずにそのまま残っています。よかったね。
f:id:cho0808:20200920123324j:plain:w210 
薬院伊福町にある古小烏公園

さてさて、ようやく古小烏町のご紹介です。「ふるこがらすまち」と読みます。一風変わった町名ですね。由来は、薬院村の小字によるものですが、字名の由来は、かつての町内(現在の警固三丁目)に残る小烏神社によります。小烏神社は、同じくかつての福崎の丘陵にあった警固宮とともに合祀され、現在の警固神社の地に移ります。なお、現在警固神社の建っている付近は、かつて馬術の練習場(馬場)があったことから「小烏馬場」という町名でしたが、昭和39年(1964年)に消滅し、天神二丁目となってしまいました。その警固神社と合祀された後も、小烏神社が分離されて残り、その地が「古小烏」という字名として残ったものと考えられます。なお小烏神社のご祭神はご存じの方はご存じ、八咫烏(建角身神)。三本足のカラスの神さまで、神武東征で熊野から橿原まで導いたという導きの神として知られていますよね。サッカー協会のシンボルマークでも有名です。ただ、なぜ熊野本宮の神さまである八咫烏が、神話の地から遠く離れた筑紫の警固の丘に祀られているのかはナゾ、ということでした。
f:id:cho0808:20201126000313j:plain:w210 
f:id:cho0808:20201126000251j:plain:w210 
現在の警固にある小烏神社(上)
旧小烏馬場にある警固神社(下)

…と、ここまで、警固村警固神社などで出てきた警固という地名。いかにも福岡らしい地名ですよね。ほかであまり見られない気がします。警固は「けご」と読みます。平安時代に設置された警固所(けごしょ)という役所に由来します。大陸に近い福岡の地は、古代より外敵の脅威にさらされてきました。その防衛施設として置かれたのが警固所というわけです。なお、警固所は、鴻臚館(こうろかん)という外交施設兼迎賓館のようなお役所とセットで置かれました。
ちなみに鴻臚館はかつての平和台球場跡地で遺構が発見されました。鴻臚館は、福岡(筑紫)のほか、難波、平安京にもありましたが、かつての遺構が見つかっているのは福岡のみ、とのことです。
f:id:cho0808:20201126000302j:plain:w210 
警固所附属の外交施設・鴻臚館跡

なお、平和台球場跡地のほか大濠公園舞鶴公園一帯はかつての福岡城址です。お散歩中に土日のみ公開している福岡城址の石垣も見学してきたのですが、、、石垣見学の話は次回以降に持ち越しということで、本日の古小烏町のご紹介を終えたいと思います。本日いよいよ大河ドラマも大詰め最終回。黒田官兵衛も出るようです。福岡のみなさまお楽しみに。こちらはもうすぐ金沢編にもどりますので金沢のみなさましばしお待ちを。
f:id:cho0808:20200927150156j:plain:w210 
福岡城址の石垣

[参考文献:小烏神社でもらったパンフレット、鴻臚館でもらったパンフレット]
[発見日:令和2年9月21日]

【福岡市】天神町

f:id:cho0808:20200926153941j:plain:h280 
【消滅した年】昭和39年(1964年)
【現在の町名】天神一丁目、天神二丁目
【感想・雑記】約1カ月ぶりの令和の福岡出張シリーズ。今回ご紹介するのは「天神町」です。福岡一、いや九州一の繁華街といっても過言ではない「天神」の旧町名、「天神町」がついに見つかりました!感動モンたい!出張シリーズは今回も、いつもより写真マシマシでご紹介していきますよ!

神町は、これまでの福岡出張シリーズでご紹介してきたいわゆる博多部の旧町名ではなく、福岡部の旧町名です。黒田家による福岡城築城以来の城下町で、遣隋使の古代より栄えた博多部に比べると比較的新しい町ということになります…が、新しいといっても金沢の町の歴史とほぼ同じです。。。
神町は、現在の明治通り沿いの道筋で、地下鉄天神駅付近にかつてあった町です。明治通りはかつて市内電車が走っていました。福岡部には、天神町のほかにも、同じく明治通り沿いの大名町、それから橋口町、名島町、呉服町、本町、大工町、簀子町のいわゆる六町筋の町、それ以外にも材木町、東職人町、西職人町、鍛治町、因幡町、土手町、小烏馬場、薬院町、薬研町、紺屋町、林毛町、養巴町、雁林町、鉄砲町、西小性町、東小性町などなどなどなど、非常に数多くの町がありましたが、昭和の東京オリンピック前後、行政事務の合理化の名のもとに行われた住居表示の実施により「天神」、「大名」、「舞鶴」、「赤坂」などのいくつかの町にきれいに合理化されてしまいました。このうち「天神町」は、オリンピックと同じ年の昭和39年に天神一丁目と天神二丁目の一部となって消滅してしまいました。「町」の字がきえて「丁目」がつきましたが、「天神」の名前が残っただけまだ恵まれている町と言えるかもしれません。
「天神町」の読み方ですが、「てんじんまち」でも「てんじんちょう」でもありません。「てんじんのちょう」なのです。さらに昔の人は「てんじのちょう」とよんでたらしいです。「の」を入れる同じような例は、大名地区の旧町名でも見られます。養巴町(ようはのちょう)、雁林町(がんりんのちょう)。なお、天神地区も大名地区も舞鶴地区もひたすら歩き回りましたが、そこは九州最大級の都心部、再開発のためなのか、古いお宅はほぼ見つからず、通りの名前や電柱にかろうじて名残を残すのみとなっておりました。
f:id:cho0808:20201104001730j:plain:w210 
f:id:cho0808:20201104001736j:plain:w210 
f:id:cho0808:20201104001725j:plain:w210 
電柱番号札と通りの名前に残る旧養巴町(上)
通りの名前に残る旧雁林町(中)
紺屋町(こうやまち)通りにかろうじて残る古いお宅(下)

続いて町名の由来ですが、天神町というくらいなので天神さま、菅公(菅原道真)さま由来であることは明白です。てっきり大宰府天満宮あたりだろうと思ってましたが、全然ちがってました。
今も福岡の都心、天神一丁目にややこじんまりと鎮座する「水鏡神社(水鏡天満宮)」がその由来でした。菅原道真公が大宰府に左遷される道中、庄村(現在の今泉)を流れる四十川の水面に自分の姿を映し、やつれた姿を見て嘆き悲しんだとされ、これにちなんで庄村に社を建てて「容見(すがたみ)神社」と呼んで菅公さまをおまつりしたのがはじまりだそうです。その後、黒田長政公が「水鏡天満宮」として福岡城の鬼門にあたる現在地に移転して城下の守護神としたのだそうです。
f:id:cho0808:20201104001715j:plain:w210 
f:id:cho0808:20201104001720j:plain:w210 
f:id:cho0808:20201104003342j:plain:w210 
水鏡天満宮の鳥居と赤煉瓦文化館(旧日本生命九州支店)(上)
菅公さまを祀る水鏡天満宮の本殿(中)
手水場でみつけた剣梅鉢の御紋(下)

神町は、明治以降、警察署、市役所、県庁などの移転で官庁街になり、大正13年(1924年)には、九州鉄道の福岡駅(現在の西鉄福岡(天神)駅)が開業して久留米行電車が走るようになりましたが、その頃の都心・繁華街は博多で、まだまだ場末のかんじだったそうです。現在のように一大商業地となったのは昭和11年(1936年)の岩田屋開店による影響が大きいとのこと。
岩田屋は、宝暦4年(1754年)に福岡の大工町で中牟田小右衛門が、呉服商岩田屋平七から屋号を譲り受けて開業した呉服店が始まりです。昭和11年(1936年)、福岡駅に隣接して九州初のターミナルデパート岩田屋が開店すると、都心としての様相が整ってきたのだそうです。戦争の空襲によって瓦礫の街となったものの、戦後のめざましい復興により、みるみる九州一の繁華街として発展しました。その天神も、さらなる再開発が進んでいます。今後もますますの発展がみられることでしょう。
f:id:cho0808:20201104001741j:plain:w210 
f:id:cho0808:20201104001710j:plain:w210 
福岡を代表するデパート岩田屋(上)
再開発中の天神地区(旧天神コア)(下)

さて、最後に急転直下、どんでん返しの種明かしの巻です。
今回発見した「福岡市天神町」は天神町で発見したものではございませんでした!ごめんなさい!
f:id:cho0808:20201017101057j:plain:left:h350実は、天神町を発見した場所のは天神町から遠く離れた福岡市中央区清川三丁目です。そして見つけたのはこの琺瑯引きの看板なのです。しかも住居表示実施後の清川三丁目となってからの琺瑯看板でして、「福岡市天神町55番地」は、街区表示板を寄贈した大商証券(のち新日本証券、新光証券となり現みずほ証券)さんの所在地だったのです。重ね重ね申し訳ございません!

ただですよ、よく考えてごらんなさい。あーた。この街区表示の琺瑯看板、昭和39年に消滅した福岡市天神町がまだご存命だったときにできた街区表示板なのですよ。清川の誕生は、昭和37年(1962年)、住居表示の法律施行に合わせて誕生した町なのです。おそらく全国で最初の住居表示地区なのですよ。われらが金沢も、最初の住居表示は昭和38年(1938年)でかなり早い実施だったのですが、さらにその前年の、法律施行と同時の昭和37年の住居表示実施は、おそらく全国最先端のモデル地区だったものと思われます。街区番号を表す「1番」の部分が「1街区」となっているところも、まだまだ制度初期の風格を漂わせています。ということで、かなり貴重な琺瑯看板を発見できたということが証明されましたので、満場一致お咎めなしでお手打ち、ということでよろしいですかね?よござんすね?
ちなみに、清川の旧町名は「新柳町」です。江戸初期より公認の遊郭柳町遊郭が明治末期に移転して誕生した歓楽街でした。すっかり住宅地になった清川の町、新柳町遊郭の名残は、電柱番号札に「大門」という、いかにも遊郭らしい名称として残されていました。
f:id:cho0808:20201104001746j:plain:w210 
清川三丁目で見つけた「大門」の電柱番号札

[参考文献:井上精三『福岡町名散歩』葦書房(1983)、西日本シティ銀行『ふるさと歴史シリーズ 博多に強くなろう No.16 城下町 福岡の町並み』、ウィキペディアなど]
[発見日:令和2年9月26日]

【福岡市】瓦町

f:id:cho0808:20200922203225j:plain:h400:left【消滅した年】昭和41年(1966年)、昭和44年(1969年)
【現在の町名】祇園町上川端町
【感想・雑記】突然ですが、前回の上鷹匠町からの"鷹"つながりで福岡市の旧町名紹介の番外編です。今回は写真多めでいきますよん。
ただ今"鷹の祭典"開催中のホークスは、若干足踏みしつつも好調首位をひた走っておりますが、その"鷹"のつながりだけではありません!今回ご紹介する「瓦町」の現町名でもある「祇園町」は、かつて黒田長政公が鷹匠を居住させた町で、「鷹匠町」または「鷹師町」と呼ばれていたそうなのです。それが元禄時代以降、いつのまにか櫛田神社の祭神である祇園大神にちなんだ「祇園町」となり、さらに昭和41年の住居表示実施により、周辺の町の飲み込んで巨大化しました。

さてさて「瓦町」に話を戻しましょう。「瓦町」はいわゆる「博多」の旧町名です。福岡市は、古代「続日本紀」の頃(平安時代以前)からの古い歴史を持つ商人の町「博多部」と、江戸時代に黒田家が築いた比較的新しい城下町「福岡部」に分かれます。中洲をはさんで、那珂川の東側の「博多」と西側の「福岡」に分かれているといってもよいでしょう。ちなみに博多の旧町名をご紹介するのは、平成25年(2013年)にご紹介した「櫛田前町」以来7年ぶりですが、その節にご紹介した2町はどちらもインチキ紹介でしたので、今回の瓦町は、ようやく本物の旧町名の遺産です。実は7年前に発見していましたが、令和の今年も無事残っていました。7年前のまだ若かりし頃に博多の街をわりとすみずみまでねり歩きましたが、旧町名の遺産は、おそらくこの「瓦町」のみではないかと思われます。(金沢とちがって博多の街は本当に見つからないのです!)

瓦町は「かわらまち」と読みます。場所はキャナルシティ櫛田神社にもほど近い、はかた駅前通りと国体道路の交差点の付近です。福岡の人には、おじいちゃん世代には渕上デパート、お父さん・お兄さん世代にはユニードの裏通りというと"とおり"がよいかもしれません。こちら現在は、飲食店が立ち並んでおり、そのまま「瓦町通り」という名前が付けられております。

f:id:cho0808:20200922202947j:plain:w210 
f:id:cho0808:20200922202926j:plain:w210 
f:id:cho0808:20200921175946j:plain:w210 
飲食店の立ち並ぶ瓦町通り(旧瓦町界隈)(上)
ユニード跡地の祇園博多センタープレイス(中)
瓦町通りで見つけた「淵上」電柱番号札(下)

町名の由来は、黒田長政公が筑前入りしたとき、旧領の播磨から連れてきた瓦職人を町内に居住させたことによります。現在も町内にある下照姫神社は吉祥天女社とも呼ばれ、筑前一之宮「住吉神社」の末社だそうです。その住吉神社の秋季例大祭で、お神輿が神社の間を往復したそうですが、その際に雅楽を演奏しながら渡ったという橋があって、その橋を管弦橋といい、その付近を管弦町といったのだそうです。ちなみに管弦町という名前は、路面電車(福博電車)の停留所の名前にも残っていたので、おじいちゃん世代にはおなじみの町名でしょう。なお現在、ちょうど瓦町の町内から管弦町停留所のあったあたりにかけて大工事の真っ最中、地下鉄七隈線博多駅延伸による新駅が作られております。当初は今年度開業の予定でしたが、平成28年(2016年)に起きた大陥没事故の影響で、2022年度に開業がのびてしまいました。もちろん新駅名は「瓦町駅」か「管弦町駅」よね!まさか「キャナルシティ駅」?よもや「お櫛田ゲートウェイ駅」とかにはならないよね???

f:id:cho0808:20200922202939j:plain:w210 
f:id:cho0808:20200922202953j:plain:w210 
吉祥天女社「下照姫神社」(上)
工事中の七隈線新駅「瓦町駅」か「管弦町駅」?(下)

えー、最後にそのうちGotoしてほしい観光情報です。瓦町通りを国体道路側に出ると正面にみえるのが、老舗「かろのうろん」さんです。福岡のうどんといえば、こしのないつるつるのうどん、そして何といってもつゆにしみしみのごぼ天うどんがサイコーです。櫛田神社をお参りしたあとはぜひ寄るべし。なお、かろのうろんさんに隣接する年代物の祇園ビルは、福岡に現存するなかでは2番目に古いアパートだそうです。少年時代の小松政夫さんが住んでいたことで有名です。ということで本日は、小松の親分さんお得意の淀川長治さんのものまねでお別れしましょう。「それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…」

f:id:cho0808:20200922203603j:plain:w210 
f:id:cho0808:20200924224217j:plain:w210 
老舗「かろのうろん」さん(上)
福岡で2番目に古いアパートメント・祇園ビル(下)
[参考文献:『角川日本地名大辞典 40 福岡県』角川書店(1988)、日高三朗・保坂晃孝『博多 旧町名歴史散歩』西日本新聞社(2014年)、井上精三『福岡町名散歩』葦書房(1983年)]
[発見日:平成25年某月某日(再発見日:令和2年9月22日)]

上鷹匠町

f:id:cho0808:20200922124757j:plain:w350 
【消滅した年】昭和39年(1964年)
【現在の町名】石引二丁目、石引四丁目
【感想・雑記】完全に味しめちゃった系のイージーモード炸裂の電柱番号札です。失われた当時のものを街角で探し出すことをモットーとするわれわれさがす会にとって、この番号札は手ぬk…もといイージーモードすぎて、ルール違反ではないかと言われております。電柱番号札のなかでも、デンリョク系は昭和○年と書かれているので、かろうじて失われた当時の電柱ではないかと推定できるのですが、今回ご紹介するデンデン系は、昭和○年の記載がないため年代の特定ができていないNGモノなわけです。ただ、この日本電信電話公社のロゴ入りは、今年で電電公社民営化から35年の月日が流れており、すでに時効ともなっているわけです。したがって、今回の掲載にあたっても当然時効が認められるというわけです。そこらへん、全く論理の破綻はないですね?よろしいですね?ちなみにNTTロゴのものはゴロゴロありますが、電電公社ロゴのものは、発見したこれ1本だったかと記憶しています。

さて、そんなデンデン系番号札でご紹介する町名は「上鷹匠町」です。いかにも城下町にありがち系の旧町名です。ウィキペディア情報によると、弘前、静岡、大垣、京都伏見、明石、姫路、和歌山、徳島、高知、大分中津などに現存するそうです。いずれも城下町ですよね。なおお江戸のご城下にも、新宿牛込地区に「市谷鷹匠町」が現存しております。これらはおそらくいずれも「たかじょうまち」と「まち」読みするものと思います。場所は、小立野台のメインストリート、石引大通りの裏通り、本多の森側の小路にあたります。大きなお屋敷が多く残る閑静な住宅地になっております。小立野・末の山の方から順に、上鷹匠町、中鷹匠町、下鷹匠町がありました。このうち下鷹匠町は、明治19年(1886年)に出羽町練兵場ができたときに練兵場に吸収されたそうです。金沢の郷土史家、森田柿園(平次)が著した「金沢古蹟志」にも「明治十九年陸軍營所の御用地と成り、この町地悉く絶えたり」とあります。しかしながら、なぜかことごとく絶えたはずの「下鷹匠町」の電柱番号札も見つけたわけで、電柱番号札の信ぴょう性や如何にといったことになってくるかもしれません。

鷹匠町の由来は、いわずもがな、古来より行われてきた鷹狩りにて、主君に仕えて鷹の飼育や訓練を行った専門職「鷹匠」にあります。金沢市のホームページによると、「寛文2年(1662年)から、藩の鷹匠組の邸地や鷹部屋がここにあったので、この名がついた」とのこと。藩政期は通称された地名だったのか、正式な町名となるのは明治4年(1871年)のことだそうです。鷹狩りは武士のたしなみとして愛好されましたが、武芸の鍛錬でもあり、野山を駆けまわり足腰の運動にもなることから現代のゴルフに近い感覚であったのかもしれません。さしずめ鷹匠はレッスンプロみたいなものでしょうか?ちなみに5代将軍徳川綱吉公が生類憐みの令で鷹狩りを禁止したのは有名なお話しですね。もっとも8代吉宗公の時代に復活してしまいますが。。。

実は、現代にも鷹匠がいて、伝統の放鷹術を今に伝えているのをごぞんじでしょうか。お花やお茶のようにいろいろな流派があったようですが、今では諏訪派などの限られた流派が残るのみです。今年は残念ながら中止になってしまいましたが、わたくし昨年の百万石まつりの盆正月イベントで、諏訪派の鷹匠の方々による放鷹術の実演公開があったので見にいってきました。勇猛な鷹が大空を舞う様子は迫力満点。ぜひ一度みてみると面白いと思います。

f:id:cho0808:20200922124828j:plain:w210 
f:id:cho0808:20200922124821j:plain:w210 
f:id:cho0808:20200922124813j:plain:w210 
閑静な鷹匠町界隈(上)
ことごとく絶えたはずなのになぜか残る「下鷹匠町線」の番号札(中)
現代の諏訪派鷹匠と鷹(百万石まつりの盆正月より)(下)
[参考文献:市民が見つける金沢再発見ホームページ、金沢市ホームページ、ウィキペディア
[発見日:令和元年5月5日]